解体工事(京都を中心とした関西地方)はお任せ!費用や相場も相談に応じます!

解体工事 相場よりもコストカット! 費用に自信があります!株式会社大東建設

メールでのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-561-691【コールいろいろ解体】
現在の位置 : ホーム > 解体工事の基礎知識・情報 > 家屋解体・マンション内装解体におけるトラブル事例と回避策
解体工事の基礎知識・情報

家屋解体・マンション内装解体におけるトラブル事例と回避策

一般的な一戸建て住宅の場合、新しく住宅を建て替えするための家屋解体を行ったり、マンション内装解体の場合、スケルトン状態に施して、新しくリノベーションを試みることがあります。

それぞれの解体工事の場面において、現在では優れた技術を持っている業者がいくつも存在しており、工事を依頼することで、希望通りの施工を行うことは可能です。

希望通りの解体を実現するため、ありがちなトラブル事例を知り、事前に回避策を用意しておくことが望ましいでしょう。

一戸建て・マンションの近隣との具体的なトラブル事例(騒音・塵・埃)

家屋解体やマンション内装解体を行う上では、近隣住民とトラブルが発生してしまうことがあります。

例1.騒音問題、塵や埃などの飛散

一戸建て住宅の場合、近隣の住宅へ与えてしまう騒音問題の他に、塵や埃などが飛散してしまう可能性があります。

各解体工事を行っている業者では、しっかりとした養生を行うことを基本としており、可能な限り防塵や防音対策を実施しているものですが、トラブルを回避するためには事前に近隣住宅へ挨拶を行うことがおすすめです。

例2.マンション内装解体でのトラブル事例

マンションは集合住宅になるため、一戸建て住宅と同様に騒音トラブルが顕著に出てしまうことがあります。こちらも回避策としては事前にしっかりとした挨拶を行っておき、近隣住民の理解を得ることが必要となります。

さらにマンションの場合では共用スペースが存在しています。例えば廊下や階段、玄関ホールなどが相当することになりますが、傷などを付けてしまうことの無いように、しっかりとした養生を施すことも大切な部分になります。

■トラブル回避のための取り組みまとめ
1.施工業者が養生をしっかりと行うこと、2.工事前に挨拶回りを行うこと

依頼者と解体業者のトラブル事例

  • 当初の見積もりとは別にかかってしまう費用が後から提示される

例えば、カーポートや外塀などの処理に関することや、地中に想像していなかったものが埋まっていて処分しなければならないということもありますが、この点に関しては事前調査の段階でしっかりと業者と話し合いを行って、口頭ではなく書面での見積もりを提示してもらい、契約を結ぶことが何より大切な部分になります。

  • 業者が廃材などを不法投棄して依頼者まで罰せられてしまう

現在ではリサイクル法によって、廃棄物などを適切に処分することが求められています。例えば木材やコンクリート、金属などを分別して、それぞれ必要とされている産業廃棄物として処理を行うことが必要です。この点では依頼した業者がきちんと許可を持っているかどうかを確認することも必要なトラブルの回避策になります。

解体工事の基礎知識・情報 カテゴリの前後の記事

解体工事の基礎知識・情報 カテゴリのトップへ戻る
お値段のお問い合わせ・現場お見積もり依頼はお気軽にどうぞ 0120-561-691 メールでのお問い合わせ
このページのトップへ戻る
知っておきたい解体工事に関する基礎知識 建物解体についての情報を発信、依頼・見積もりの前にご覧ください

人気記事ランキング

お見積もりは無料
施工の流れ動画はこちら
簡単!LINEで概算見積もり
対応地域 京都府・大阪府・滋賀県全域 大東建設では関西地域のみ施工可能です。
建物解体現場ブログ
大東建設 facebook