解体工事(京都を中心とした関西地方)はお任せ!費用や相場も相談に応じます!

解体工事 相場よりもコストカット! 費用に自信があります!株式会社大東建設

メールでのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-561-691【コールいろいろ解体】
現在の位置 : ホーム > 解体工事の基礎知識・情報 > 古い家・空き家を解体し、更地にした土地を売却するポイント
解体工事の基礎知識・情報

古い家・空き家を解体し、更地にした土地を売却するポイント

築30年以上の家はなかなか買い手が見つかりにくい言われ、そのようなケースでは古い家を解体して更地にした上で土地を売却するという方法があります。

そこで、『古い家や空き家を解体後に更地にした土地を売却するポイント』について、そのメリットとともにご紹介してみたいと思います。

解体して更地にすることのメリット

家を売却する場合、築年数などが長いと売却にも時間がかかる傾向があります。そこで、古い家を解体し更地にして売却する場合、いくつかメリットが挙げられます。

  • 更地の土地のほうが印象が良い
    古家がなくなると土地の印象がよくなるというメリットがありますので、古い建物が建っており、住宅としての利用価値がそれほど高くないという場合などには解体して更地にした方が買い手に対する印象がよくなるといえます。
  • 更地であれば、瑕疵担保責任が発生しない
    古い家をそのままにしておくことによるトラブルのリスク回避というメリットもあります。例えば、古屋を売却するという通常取引において、売り手が注意を払っていたとしても気がつかなかった欠陥などがあった時には、売り手側が責任をもつという瑕疵担保責任が発生します。更地にすることでこうした責任が発生しなくなるのです。
  • 更地の方が手続は少ない
    瑕疵担保責任は物件の売買にはどうしても付いてまわるといわれていますので、古い建物を更地にして売却することで、建物に対する責任の発生がなくなります。同時に古い家を建物のまま売買する場合に必要となる手続きもあります。

このように、古い家や空き家を解体して更地にして売り出すことで、買い手の印象がよくなったり、空き家の管理責任や売却時の手続きなどのメリットがあります。

古い家のまま売却するとどうなる?

古い家や空き家を解体せず古い家のまま売却するとどうなるのでしょうか?
その場合、建物の解体費用を売り手と買い手のどちらが負担するのかという問題の発生につながるという点が挙げられます。

■解体する場合の費用負担がネック

家を取り壊す時、百万円くらいの解体費用は必要といわれ、その費用によって買い手の購入意欲が低下してしまうといったこともあります。また、売買時の手続きも、更地を取得する場合に比べるとより複雑であったり、手続きにかかる費用も必要となります。

解体工事は見積り次第で安くなるといわれており、解体業者を比較して選ぶということは、古い家・空き家を解体し、更地にした土地を売却するポイントです。

まとめ

古い家や空き家を更地にして売却すると、買い主の印象がよくなったり、建物のまま売買する時に必要となる手続きも不要になるなどのメリットがあります。

しかし、解体をした場合、新しい家を建てられない土地もあったり、売却までの固定資産税などの売主の負担増加が発生したりということもあり、その点には注意が必要といえます。

更地にして売却する方法は築30年以上の家を売り出すのにメリットがある方法の一つと考えられており、古い家・空き家を解体し、更地にした土地を売却する場合、解体業者を比較して選ぶことがポイントとなります。

解体工事の基礎知識・情報 カテゴリの前後の記事

解体工事の基礎知識・情報 カテゴリのトップへ戻る
お値段のお問い合わせ・現場お見積もり依頼はお気軽にどうぞ 0120-561-691 メールでのお問い合わせ
このページのトップへ戻る
知っておきたい解体工事に関する基礎知識 建物解体についての情報を発信、依頼・見積もりの前にご覧ください

人気記事ランキング

お見積もりは無料
施工の流れ動画はこちら
簡単!LINEで概算見積もり
対応地域 京都府・大阪府・滋賀県全域 大東建設では関西地域のみ施工可能です。
知っておきたい解体工事に関する基礎知識 建物解体についての情報を発信、依頼・見積もりの前にご覧ください
建物解体現場ブログ
大東建設 facebook