解体工事(京都を中心とした関西地方)はお任せ!費用や相場も相談に応じます!

解体工事 相場よりもコストカット! 費用に自信があります!株式会社大東建設

メールでのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-561-691【コールいろいろ解体】
現在の位置 : ホーム > 解体工事の基礎知識・情報 > 解体工事の付帯工事とはどんな工事?費用の目安と見積もり時のポイント
解体工事の基礎知識・情報

解体工事の付帯工事とはどんな工事?費用の目安と見積もり時のポイント

建物の解体工事を行う場合には、メインとなる建物の解体以外にも様々なものを撤去する必要があります。

解体工事を行うだけなら、一般的に2万5千円から4万円ほどの坪単価で工事ができます。

しかし、付帯工事を伴う場合は別途数万円以上かかることもあります。建物の解体費用だけでなく付帯工事の費用についても検討が必要です。

別途費用になる付帯工事の具体的な例

  • 樹木、ブロック塀、門扉、倉庫などの撤去

メインとなる建物の解体以外の工事は全て付帯工事とされます。

付帯工事の費用の目安

一般的な解体業者に作業を依頼した場合、樹木の撤去には1本あたり1万円から5万円の費用が必要です。

幹の太さによって料金が異なります。また伐採のみを行う場合と根本から抜き去る場合とでは1.5倍から2倍ほど料金に違いが出てきます。

ブロック塀の撤去は面積で料金が計算されます。一般的な料金は1平方メートルあたり2千円ほどです。ブロックは破壊されて廃棄物として処理されます。料金は業者によって解体作業のみの場合と、廃棄物の処理費用を含む場合があります。

門扉や倉庫などその他の付帯物の撤去費用は1個あたり約2万円から個別に計上されます。料金は構造や大きさ、各業者の見積り方法などによって異なるため明確な基準はありません。

付帯工事を行うには別途費用が必要!見積もり時に注意!

付帯工事は解体工事に伴う様々な工事のことです。各解体業者が提示する見積りには、基本的に付帯工事の費用が含まれていません。

総合的な費用については、各業者に問い合わせる必要があります。

解体工事や付帯工事に必要な費用は、各業者で見積り方法に違いが見られます。作業の範囲や危険度、ショベルカーなど使用する重機の種類によって料金が高くなります。

ただし、付帯工事の費用の内訳は基本的に廃棄物処理費と人件費です。廃棄物処理費と人件費には各業者で違いがありますが、大きな差がつかない場合もあります。

総合的な費用については複数の業者から見積りを提示してもらい、比較検討するのが合理的です。

付帯工事を含めた解体工事を検討する際のポイント

  • 解体する建物の見積りをとる
  • 付帯工事も見積もりをとって、予算内に収める

見積もり範囲の内容・業者からの説明によって、トラブルが発生する可能性もあります。

建物自体の解体以外に、『付帯工事はどの範囲まで、いくらかかるのか』、付帯工事について理解して、業者の選定と見積もりをしてください。

解体工事の基礎知識・情報 カテゴリの前後の記事

解体工事の基礎知識・情報 カテゴリのトップへ戻る
お値段のお問い合わせ・現場お見積もり依頼はお気軽にどうぞ 0120-561-691 メールでのお問い合わせ
このページのトップへ戻る
知っておきたい解体工事に関する基礎知識 建物解体についての情報を発信、依頼・見積もりの前にご覧ください

人気記事ランキング

お見積もりは無料
施工の流れ動画はこちら
簡単!LINEで概算見積もり
対応地域 京都府・大阪府・滋賀県全域 大東建設では関西地域のみ施工可能です。
知っておきたい解体工事に関する基礎知識 建物解体についての情報を発信、依頼・見積もりの前にご覧ください
建物解体現場ブログ
大東建設 facebook