解体工事(京都を中心とした関西地方)はお任せ!費用や相場も相談に応じます!

解体工事 相場よりもコストカット! 費用に自信があります!株式会社大東建設

メールでのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-561-691【コールいろいろ解体】
現在の位置 : ホーム > 解体工事の基礎知識・情報 > 家の取り壊しの際、近隣トラブルにならないための事前の挨拶廻り
解体工事の基礎知識・情報

家の取り壊しの際、近隣トラブルにならないための事前の挨拶廻り

元々居住していた一戸建て住宅を取り壊して同じ場所に新しく住宅を立て直す場合(住宅の建て替え)や、更地状態にした上で不動産会社に売却を行う場合、他には不動産投資として駐車場などに変更する場合など、家の取り壊しが必要となる場面があります。

どのような条件であっても、家の取り壊しを行う場合、建っている場所が住宅街にあり、隣接している家屋が他にもある場合、近隣トラブルを未然に防ぐために、トラブルを避けるための行動が必要となります。

養生・防音シートの設置、事前の挨拶廻り

粉塵・防音対策のための養生シートを活用

  • 解体工事を行う場面では、一般的には住宅の周囲に足場が組まれ、その後は養生作業が行われています。養生は通常では埃などが周囲に飛散してしまわないように配慮するために、足場にシートが被せられます。
  • 中には防音性を兼ね備えたシートもあり、効果的に活用されています。その一方で、解体工事中には大きな重機が使われるため、騒音や振動などが大きくなってしまうことが多々あります。
  • 近年では、地盤のコンクリートなどを破砕するような場面では、低騒音仕様の重機なども活用されているのですが、それでも一般的な住宅街のケースでは普段の生活に支障が出てしまうような騒音被害が発生してしまう可能性があります。

事前の挨拶廻りのポイント

家の取り壊しを行う前にはご近所さんに事前に挨拶廻りを行っておくことが必要とされています。通常では解体工事を依頼した業者によって挨拶廻りが行われるというケースも多々見られますが、それでも居住していた本人が業者とは別に挨拶を済ませておくことによって、より近隣トラブルを防ぎやすくなります。

挨拶廻りの時期・工事期間の伝達・挨拶する範囲

本来であれば解体工事の1週間前までには挨拶を済ませておくことが良いとされており、その際、簡単な贈り物などを添えるとより一層効果が高くなります。さらに同時に工事期間等の日程も伝えておくことによって、相手側は一定の目安を知ることができるため、近隣トラブルを大きく減らすことができます。

また、密集している住宅街の場合、どこまで挨拶廻りをしたら良いのか判断が難しいケースもあります。この場合では、それまでのお付き合いの度合いや、今後のお付き合いにも影響する部分となりますが、2軒から3軒隣、若しくは向かいや裏側にある住宅については、しっかりとした挨拶を行っておくことが推奨されます。

まとめ

粉塵・防音対策がしっかりしている解体業者を選び、業者と家主の双方が工事前に挨拶回りを行うのが望ましいです。また、工事期間を記したお知らせを配布するなど、近隣住民の理解を得た上で取り組むことがトラブル回避策となります。

解体工事の基礎知識・情報 カテゴリの前後の記事

解体工事の基礎知識・情報 カテゴリのトップへ戻る
お値段のお問い合わせ・現場お見積もり依頼はお気軽にどうぞ 0120-561-691 メールでのお問い合わせ
このページのトップへ戻る
知っておきたい解体工事に関する基礎知識 建物解体についての情報を発信、依頼・見積もりの前にご覧ください

人気記事ランキング

お見積もりは無料
施工の流れ動画はこちら
簡単!LINEで概算見積もり
対応地域 京都府・大阪府・滋賀県全域 大東建設では関西地域のみ施工可能です。
建物解体現場ブログ
大東建設 facebook