解体工事(京都を中心とした関西地方)はお任せ!費用や相場も相談に応じます!

解体工事 相場よりもコストカット! 費用に自信があります!株式会社大東建設

メールでのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-561-691【コールいろいろ解体】
現在の位置 : ホーム > 解体工事の基礎知識・情報 > 解体工事費用の資金繰り・ローンについて
解体工事の基礎知識・情報

解体工事費用の資金繰り・ローンについて

建物解体工事の一般的な相場としては坪単価にすると1坪当たり1.5万円から4万円程度としている業者が多く、2階建て戸建て住宅の場合では50~150万円程度の費用が必要になってしまうケースもあります。

坪単価の目安 1.5〜4万円程度
一般的な戸建住宅の解体費用の目安 50~150万円程度

解体工事費用をできるだけ安く抑える方法

建物の建て替えなどの場合は、ハウスメーカーや工務店に一緒に解体工事を依頼するのではなく、直接、専門の解体工事業者に依頼して、分離発注をおこなうと、数十万から場合によっては、数百万安くなる場合もあります。

地域の業者を探す or 一括比較・見積もりサイトを利用

その場合は、地域の信頼できる業者をネットで探したり、紹介してもらう方法があります。他には、一括で比較できるサイトなどを利用して、複数の解体工事を行っている業者からの見積もりを出してもらうことが可能です。

その中から信頼でき、かつ妥当な料金を提示している業者に依頼をして、実際に家屋の現地調査などを本人の立ち合いのもとで行ってもらいます。その後に正式な見積もりを提示してもらい、納得できた場合は正式に契約を結ぶことになります。

解体工事費用の資金繰り・ローンの例

  • 建て替えの場合、建築業者の住宅ローンに含める
  • 各銀行の多目的ローンを活用
  • 消費者金融のキャッシング
  • 助成金・補助金を活用

解体費用を建築のローンに含める、または銀行借り入れ

数百万円にものぼる解体工事費用の捻出が難しい方の場合、資金繰りに困ってしまうこともあります。ですが、場合によってはすぐに解体に着手しなければならないこともあるのです。

早急に解体工事を行う必要のある例

例えば、まだ築年数が浅い住宅の場合では、そのまま放置することもできますが、中には倒壊してしまう可能性がある住宅もあり、そのまま放置してしまった場合、近隣住宅に被害が及んでしまうという場面も想定できます。

このケースではやはり早急に解体工事が必要となるため、資金繰りに関して十分な知識を持って早急に対応することが必要となります。

建て替えの際はローンに含める、更地にするだけの場合は多目的ローンを利用する など

一般的には解体工事を行って、新しく住宅を建て替えすることを行う場合、建築をおこなう業者に依頼をすることによって、住宅ローンの中に解体費用も含めることが可能なケースがあります。

しかし、新たに住宅を建てる計画の無い方の場合、住宅ローンを利用することができないため、違う形でお金を借りる必要があります。その場合、各銀行などで利用することのできる多目的ローンを活用するという方法もあります。

フリーローンまたはキャッシングの利用

銀行の多目的ローンは、いわゆるフリーローンとも呼ばれているものになりますが、多くのケースで300万円まで借り入れることができます。条件としては一定の年収があり、継続的な収入が見込めることが前提となりますが、資金繰りには最適な方法かもしれません。

■銀行の多目的ローンがオススメ
詳しくは取引先銀行(預金している銀行)に必要な資金について相談し、申込方法や返済方法などをご確認ください。

その一方で、銀行からのローンを利用できない方の場合、例えば解体後に不動産を売却する予定があるケースでは、売却額を予め知っておき、消費者金融などからキャッシングを受けることも一つの手段になります。その際、金利などを含めた資金計画を充分に立てて返済してください。

解体工事の基礎知識・情報 カテゴリの前後の記事

解体工事の基礎知識・情報 カテゴリのトップへ戻る
お値段のお問い合わせ・現場お見積もり依頼はお気軽にどうぞ 0120-561-691 メールでのお問い合わせ
このページのトップへ戻る
知っておきたい解体工事に関する基礎知識 建物解体についての情報を発信、依頼・見積もりの前にご覧ください

人気記事ランキング

お見積もりは無料
施工の流れ動画はこちら
対応地域 京都府・大阪府・滋賀県全域 大東建設では関西地域のみ施工可能です。
建物解体現場ブログ
大東建設 facebook