解体工事(京都を中心とした関西地方)はお任せ!費用や相場も相談に応じます!

解体工事 相場よりもコストカット! 費用に自信があります!株式会社大東建設

メールでのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-561-691【コールいろいろ解体】
現在の位置 : ホーム > 解体工事の基礎知識・情報 > 解体工事現場の事故事例と安全対策・安全管理
解体工事の基礎知識・情報

解体工事現場の事故事例と安全対策・安全管理

解体工事などの工事ではいつも危険と隣り合わせです。

そこで今回は、解体工事の事故事例と安全対策についてご紹介したいと思います。

解体工事の過去の事故事例について

近隣住宅の構造物の破損

解体工事は家屋を解体する工事です。解体工事の事故事例としてまず挙げられるのが、工事中の不注意によって近隣住宅の建物やフェンスなどを破損してしまったという事例です。

近隣住宅の構造物に破壊につながってしまった作業は様々ありますが、重機で作業中に誤って隣の構造物を傷つけてしまったということがよくあり、近隣の住宅の構造物などを破損してしまったという場合には、近隣の方の立ち会いのもとで補修方法を話し合うことが必要になります。

作業員が足場から転落する事故

解体工事の事故事例として、次に多いのが解体工事中に高所で作業していた作業員が足場から転落する事故が挙げられます。

事故の原因は、作業員の不注意だけでなく、過労など、作業員の健康状態による集中力低下などが原因となって起こった場合おあり、作業員の健康状態などは解体工事中の事故につながる可能性もあり、事故が発生するリスクに影響を与えます。

そのため、作業員の健康管理は重要といえます。

解体業者が行うべき安全対策について

解体工事中の事故は様々な状況で発生します。このような事故が起こらないために解体業者が行うべきことは国の定めている解体工事の安全対策を徹底していくということです。

国の定める安全対策には主に以下の3つがあるといわれています。

  • 労働安全衛生法
  • 労働安全衛生規則
  • 国土交通省のガイドラン

解体工事では法律や規則、ガイドラインの定めに沿って作業を行うことが義務図けられています。これは事故を未然に防ぐための万が一への備えなのです。

そのため、解体工事業者の法令順守の徹底が解体工事の安全対策になるのです。

解体工事の事故・安全対策 まとめ

解体工事は自己と隣り合わせに行われます。そのため、解体工事事業者は法令順守を徹底して行うことが安全対策として不可欠です。また、解体工事中の事故が起きないために施主ができる安全対策として、解体工事中の事故を未然に防ぐための安全対策をしっかりと行っている解体業者を選ぶということが挙げられます。

解体業者を選定する時に無理な工期の工事を依頼することは事故を発生させるリスクを高めているようなものともいえ、業者の行う安全対策を質問したり、余裕をもった工事スケジュールを立てるにはどれくらいの期間が必要なのかという点なども質問してみましょう。

解体工事の基礎知識・情報 カテゴリの前後の記事

解体工事の基礎知識・情報 カテゴリのトップへ戻る
お値段のお問い合わせ・現場お見積もり依頼はお気軽にどうぞ 0120-561-691 メールでのお問い合わせ
このページのトップへ戻る
知っておきたい解体工事に関する基礎知識 建物解体についての情報を発信、依頼・見積もりの前にご覧ください

人気記事ランキング

お見積もりは無料
施工の流れ動画はこちら
簡単!LINEで概算見積もり
対応地域 京都府・大阪府・滋賀県全域 大東建設では関西地域のみ施工可能です。
知っておきたい解体工事に関する基礎知識 建物解体についての情報を発信、依頼・見積もりの前にご覧ください
建物解体現場ブログ
大東建設 facebook