解体工事(京都を中心とした関西地方)はお任せ!費用や相場も相談に応じます!

解体工事 相場よりもコストカット! 費用に自信があります!株式会社大東建設

メールでのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-561-691【コールいろいろ解体】
現在の位置 : ホーム > 解体工事の基礎知識・情報 > 50坪以内の個人宅解体と大型ビル・高層マンション解体工事の違い
解体工事の基礎知識・情報

50坪以内の個人宅解体と大型ビル・高層マンション解体工事の違い

一般に50坪以内の個人宅の解体工事と大型ビルや高層マンションの解体工事では、規模も価格も解体のやり方も大きく異なります。

こちらでは、その違いについてご説明します。

小規模工事であれば工務店でも可能なこともあり

個人宅を解体したい人の場合は、地域の工務店などでも解体工事を行ってくれることもあります。

その際、複数人で数日をかけて、解体工事が行われます。木造であれば比較的短期間で終わることもあり、解体専用業者というよりも、大工がそれを代行することもあるでしょう。

地元の設計の在り方を知っている工務店であれば、住宅を建てていますので、解体する手法も知っており、許可を取っていることもあります。

構造に応じて、小規模工事でも解体業者に依頼するのが無難

50坪以内の小規模な個人宅解体では、個人宅が木造かコンクリート造かによって、大きく工期が異なってきます。

ですので、一般家屋の木造の金額では、コンクリート鉄筋のケースと少々違っています。

これは、産業廃棄物処理としての意味もあり、処理処分場が遠い場合には、その輸送費の計上分まで請求されることがあるかもしれません。

事前に産業廃棄物処理場がどこかは、不明な点が多いですが、見積もりを取る際に、木造よりコンクリート造のほうが、輸送費の観点上、解体費用にずれが出ている可能性もあります。

これは、車検場に近い方が、車検費用が安いという原理と同じですので、格安に済ませたい場合は、自分で調べる、または依頼する業者などに確認しましょう。

一般家屋住宅であれば、構造も踏まえて、最適な工事を提案してくれるので、個人宅の解体事例が多い工事業者に相談するのが良いでしょう。

大型の工事は経験・実績のある解体業者を選定

大型ビル・高層マンションを解体したい依頼者は、経験・実績のある解体業者を選ばなくてはなりません。

近隣との兼ね合いがありますので、その解体技術には難を要する場合があり、事前に依頼主の方でコンクリートパウダーの被害があるかもしれませんと、あいさつ回りをしておくと良いでしょう。

大型工事はプロ集団を選ぶべき

大型ビル・高層マンションを解体する場合では、その解体業者は専門的な知識をもとに解体をし、重機を使用します。

ですので、重機の使用頻度と、解体しやすい道路上の配慮によって、工期が大幅に異なってきます。

工期日数分と重機の使用度により、ある程度の価格変化があります。また、解体中の交通誘導員とセットにすると、これも割増の可能性もあります。道路状況の観察も必要になります。

解体業者は、産業廃棄物処理の資格のはなしがありますので、産業廃棄物処理施設が家の近くにあるときには、直接出向いて、価格交渉をしてもいいでしょう。

大きく看板が出ていると思いますので、対応を願うといいです。

実績としては、産業廃棄の循環がいいところを選ぶといいです。また重機の使用に慣れている業者を選ぶと、鉄筋コンクリート造りでは工期期間を短縮することも可能になります。

重機の資格保持者が多いところはプロ集団になります。

個人宅と大型工事の違い まとめ

規模の大小に応じて、専門の解体業者が異なります。それぞれの特徴を理解して、口コミや紹介・ネット情報などを集めて、個人宅・大型工事それぞれの業者に相談のうえ、プロに依頼しましょう。

解体工事の基礎知識・情報 カテゴリの前後の記事

解体工事の基礎知識・情報 カテゴリのトップへ戻る
お値段のお問い合わせ・現場お見積もり依頼はお気軽にどうぞ 0120-561-691 メールでのお問い合わせ
このページのトップへ戻る
知っておきたい解体工事に関する基礎知識 建物解体についての情報を発信、依頼・見積もりの前にご覧ください

人気記事ランキング

お見積もりは無料
施工の流れ動画はこちら
簡単!LINEで概算見積もり
対応地域 京都府・大阪府・滋賀県全域 大東建設では関西地域のみ施工可能です。
知っておきたい解体工事に関する基礎知識 建物解体についての情報を発信、依頼・見積もりの前にご覧ください
建物解体現場ブログ
大東建設 facebook