2014年11月05日 建物解体現場ブログ

こんにちわ~

大東建設ブログ担当Y子です

11月にはいって急に寒くなってきました

朝晩の冷え込み半端なくつらいです

我が家は早々にホットカーペットとファンヒーター出しましたよ

寒いのはほんとに苦手です(>_<)

 

本日から新しい現場です

京都市左京区の木造家屋の解体工事です

__ 1-

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                    

__ 2-                                                                     

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、こんな感じで養生、足場組立終わって

入口付近の解体が進んでいます

間口が狭そうで少しやりにくそうな現場ですね

 

今日は少しだけ、建設業界の用語のほう紹介していきます

まずは。。。。

テコボチ・・・・・人力(手作業)で家屋を解体していくこと

重機がはいれない間口の狭い現場などで行われる解体方法です

通常よりも時間と経費がかかってしまいます

テノコ・・・のこぎりの略

手動で使用するのこぎりで感じ?でしょうか・・(ー_ー)!!

「のこぎり」とってくれ!と言うより

「テノコ」とってくれ!と言ったほうが時間短縮になっていい感じ?ですかね。。。(これはあくまでも主観です笑)

そんな感じで。。

  ↑

(どんな感じやねん)

まぁ、聞き流す程度で心にとめて頂けたらありがたいです(*^。^*)

 

ではでは、、、なんだか雲行きがあやしいな

 

       (株)大東建設   Y子でした(*^。^*)

 

 

  • お値段のお問い合わせ・現場お見積り依頼はお気軽に!

    0120-561-691 受付時間 月〜土9:00〜18:00 携帯からも可 ネコ好きのスタッフが対応いたします
    • お問い合わせ
    • お見積り
    • LINE@お見積り
© 2019 解体工事 費用に自信!京都市の大東建設 . All rights reserved.
ホームページ制作 by