分離発注とは?建築業者と解体業者を分けるメリット・デメリット

分離発注とは?

家の建て替えやリフォームをする時に必要になるのが解体工事です。

家を建てたり、リフォームをするためには、どれくらいの費用がかかるのか、非常に心配になりますが、解体工事にもかなりの金額がかかってしまうことが一般的です。

建て替えやリフォームをお願いする建築業者に解体工事も一括でお願いする方が多いと思いますが、家を建てる、リフォームすることとは別に、解体だけ他の業者にお願いすることを、分離発注といいます。

大体の方は、業者に勧められるまま一括で任せてしまうことが多いようですが、実は、大きなメリットを逃してしまっている場合があるのです。

一括で一つの業者(建築業者)にすべてお願いしたほうが手間がないように思いますが、実際のところどこが違うのでしょうか。

分離発注のメリット

分離発注のメリットは、コストダウンです。

建築業者にすべて任せてしまうと、大きなコストがかかってしまうことになります。

例えば建設会社は、家を建てるのが仕事です。

ですから、建設会社は、解体業の仕事はしませんから専門の解体業者にお願いすることになるのです。

その手間賃が上乗せされるため、一括で一つの業者にお願いすると、通常の料金よりも高くなってしまうということになります。

しかし、分離発注という形式を取れば、無駄な料金を支払うことなく、大きなコストダウンを実現することができます。

また、建設会社だけでなく解体業者も納得した形で依頼をすることができるので、大きなトラブルに遭う可能性も低くなります。

分離発注のデメリット

分離発注はもちろんデメリットもあります。

大きなデメリットといえば、解体業者を自分で探す手間がかかるということです。

どこの解体業者が良いのか、自分で精査して決めなければなりません。

情報を集めなければならないので、慣れない方にとっては、少し時間がかかってしまうかもしれませんが、一つの業者に信頼しすぎて全て任せた結果、費用がかさんでしまったということになるので、多少の手間は覚悟することも一つの方法として、考えても良いのではないでしょうか。

昔は電話帳でしか解体業者を探すことはできませんでしたが、今ではインターネットでホームページを検索して、どのような解体業者かを確認することができます。

また、口コミなども参考にすればトラブルに遭うことなく、安全に業者を選ぶこともできます。

解体工事の分離発注まとめ

分離発注という方法で大きなコストダウンをすることができるのですから、興味のある方はそのような方法を試してみると良いのではないでしょうか。

自分で業者を選ぶことで、失敗も少なく、今まで知らなかった知識も勉強する事ができますし、工夫次第で料金を抑えることも可能になるでしょう。

京都の解体工事は私たちにお任せください!

  • お値段のお問い合わせ・現場お見積り依頼はお気軽に!

    0120-561-691 受付時間 月〜土9:00〜18:00 携帯からも可 ネコ好きのスタッフが対応いたします
    • お問い合わせ
    • お見積り
    • LINE@お見積り
© 2019 解体工事 費用に自信!京都市の大東建設 . All rights reserved.
ホームページ制作 by