人力解体・手壊し 重機が入らない土地の解体と費用の目安

手壊し解体とは重機を使わずに、人の力のみで建物を解体する工法のことをいいます。

通常の重機を使用した工事よりも、解体作業と廃棄物の運搬に時間がかかるため、割高になります。

今回は、人力解体・手壊しの方法と費用についてご紹介しましょう。

人力解体・手壊しとは?

重機を使わずに解体工事をする手法を「人力解体(手壊し)」といいます。

建設リサイクル法の施行後には、重機で一気に建物を取り壊していく「ミンチ解体」が禁止されました。

解体業者に対して、産業廃棄物の分別が義務付けられたため、人力解体の手法が増加したのです。

人力解体では、鍛造解体鍬(解体バチ)やチェーンソーを利用して、壁や柱を壊したり、切断します。

手壊し解体は振動や騒音が少なく、近隣トラブルのリスクは避けられるのがメリットです。

近年は、重機と人力解体を合わせて行う「重機併用手壊し工法」が主流となっています。

建物内部を手壊しで解体し、重機で構造部分を取り壊していき、廃棄物を効率的に分別することが可能です。

どのような場合に手壊しとなる?

手壊し解体が必要なケースは、道幅が狭くて、重機が搬入できない場合です。

一般的な住宅の解体工事に使用する重機の幅は、たいてい2m程度あります。

解体物件に面する道路の幅が2m以下である場合は、重機の進入は困難となり、手壊し解体となります。

前面道路幅が2m未満の場合や道路の途中に2m未満の部分がある場合も重機を搬入できません。

道路と解体物件の建っている敷地の高低差が大きい場合も、重機が敷地内へ乗り入れるのは困難となり、手壊し解体です。

広い敷地からクレーンを使用して、解体重機を吊り上げて搬入する方法もあります。

また、一定の人通りがある場所、商店街や繁華街、交通量の多い道路沿いにある物件の解体も手壊しとなります。

手壊し解体の場合は割高になる?

手壊し解体は重機を使った解体工事と比べると、作業に時間がかかるため、費用負担は大きくなります。

通常の重機を使う解体作業よりも大幅に時間と手間がかかるため、2倍〜3倍くらい割高です。

そして、通常は解体作業によって出てくる廃棄物を重機で運び、分別してからトラック運搬します。

重機が入れない現場では人手で運搬をしなければならず、当然ながら人件費はかさみます。

手壊し作業によって人手が増えるということは、人員管理の手間も増えて、料金は割高になるのです。

費用の面や注意点

大型車両が入れない狭小な土地での解体工事は、重機の使用ができないため、手壊し解体となります。

手壊し解体の場合は、重機による解体よりも工期が長くなり、費用も膨らむことは避けられません。

例えば、30坪の木造住宅を重機で解体工事する場合、工期は通常7日〜10日間くらいです。

手壊し解体の場合は2倍の工期を設定して、作業員の人数を増やして準備する必要があります。

 

小型重機を所有している業者は、1.5倍程度に抑えることができる可能性があるので、相談してみましょう。

まとめ

複雑な地形をしている場合は、重機が使えずに手壊し解体をせざるを得ないケースがあります。

手壊し解体は重機による解体工事よりも、高度な技術や人員の安全配慮が必要となります。

適切な工法が求められますので、安心して依頼できる解体業者を選ぶことが大切です。

京都の解体工事は私たちにお任せください!

  • お値段のお問い合わせ・現場お見積り依頼はお気軽に!

    0120-561-691 受付時間 月〜土9:00〜18:00 携帯からも可 ネコ好きのスタッフが対応いたします
    • お問い合わせ
    • お見積り
    • LINE@お見積り
© 2021 解体工事 費用に自信!京都市の大東建設 . All rights reserved.
ホームページ制作 by