建物を解体する場合、どのように見積もりをすればよいのでしょうか?

どの程度、費用が発生するのか?

見積もり時によく出てくる躯体工事・付帯工事など、用語の解説とともにご紹介していきます。

躯体工事とは?

躯体とは建物の骨組みのことで、建物の主要構造部(鉄骨、鉄筋、コンクリートなど)の工事のことを躯体工事と言います。

付帯工事とは?

建物を解体する際、解体がメインの建物だけではなく、建物に付帯するもの(例えばブロック塀や倉庫、樹木など)に及ぶ場合、その解体にも別途費用が発生します。

そのメインの建物以外の解体工事のことを、付帯工事といいます。

家を解体における躯体工事・付帯工事、それぞれの見積もりの仕方

まず建物の解体にあたり、業者を探すのですが、その際、解体のサイトで「坪単価◯円」という表記をよく見かけます。

この「坪単価×のべ床面積」が解体費用になると思いがちですが、建物の解体にはそれ以外にも費用が発生します。

※のべ床面積とは、1階・2階など各階の面積を合計した面積になります。

それぞれ躯体工事・付帯工事に分けて、見積もり方法を解説していきます。

躯体工事の見積もりの仕方

建物の構造の違い(木造・鉄骨造など)によって、解体費用が変わります。木造の場合は坪3~5万円。軽量鉄骨造だと坪2~6万程度、そして鉄骨鉄筋コンクリート造なら坪2~8万円です。

よって所有している建物の坪数と構造を確認しておけば、ある程度の相場を確認した上で、見積もりを取ることが出来ます。

例えば、坪数30坪で木造建物の場合は90万~150万円となります。

付帯工事の見積もりの仕方

まずメインの建物以外に、付属建物があるかどうかを確認します。

付属建物の見積もり方法の例は、以下のとおりです。

  • 樹木だと1本あたり1万~5万円程度
  • ブロック塀だと、1平方メートルで2千円程度

というように建物に付帯されているものによって、費用は大きく変わります。

そのため、付帯工事については、解体業者に実際に見てもらって、見積もりを取ってもらうのが良いでしょう。

躯体工事・付帯工事を含めた解体の見積もり まとめ

建物の解体の見積もりの一般的な流れとしては、以下となります。

  1. 建物の坪数と構造を確認し、躯体工事の価格を算出
  2. 付帯工事に該当しそうな、メインの建物以外の価格を算出
  3. その他、現地の状況によって、更に費用が掛かることを考慮

解体工事は現地の状況によって、金額が変わりますので注意が必要です。

例えば建物に地下があれば解体費用は倍に跳ね上がりますし、敷地が狭く、重機が入りにくい場合は、その分費用は高くなります。

新築工事とは違い解体費用は比較的安定しているようです。地域ごとに解体価格も違うので、その点の確認も必要です。

建物解体に関しては、躯体工事・付帯工事について理解して、個別に見積もりを取り、適切な解体業者を選んで依頼することが大事です。

京都の解体工事は私たちにお任せください!

  • お値段のお問い合わせ・現場お見積り依頼はお気軽に!

    0120-561-691 受付時間 月〜土9:00〜18:00 携帯からも可 ネコ好きのスタッフが対応いたします
    • お問い合わせ
    • お見積り
    • LINE@お見積り
© 2019 解体工事 費用に自信!京都市の大東建設 . All rights reserved.
ホームページ制作 by