内装解体とは?スケルトン工事とは?それぞれの違いとマンション内装解体の注意点

マンションや建物の解体工事を依頼する際には「内装解体工事」や「スケルトン工事」が必要になります。

今回は、解体工事を考えている建物の個人オーナー様に向けて、「内装解体工事」と「スケルトン工事」の違い、メリット・デメリットを解説します。

内装解体とは?

マンションやアパートなどの賃貸物件には入居者が退去する時に「原状回復の義務」があります。

物件を入居時の状態の戻す「原状回復」は「内装解体工事」や「スケルトン工事」が挙げられます。

「内装解体工事」とは、原状回復工事のために建物の内装部分の解体作業と撤去作業をする工事です。

壁や天井など建物の構造物を除いた内装のみを解体する工事のことをいいます。

全ての内装を解体するだけではなく、間仕切りの一枚を部分的に撤去する場合も内装解体工事になります。

「内装解体工事」をするタイミングは賃貸物件の契約満了や退去時、借主が物件を引き払う時が多いです。

後付けした椅子やテーブル、照明器具、空調設備、什器なども撤去して入居時の状態に戻します。

オフィスの場合は、フロアを広くしたい時に間仕切りを解体し、撤去する内装解体工事を行います。

飲食店や店舗の場合は、カウンターや床などを解体し、撤去する内装解体工事が一般的です。

スケルトン工事とは?

「スケルトン工事」・「スケルトン解体」とは建物の構造体以外の内装を全て解体する工事です。

「スケルトン(建物自体の骨組み)」という名の通り、建物の構造体以外、全てを解体する工事です。

内装の一切が取り払われて骨組みだけの状態になるため、「スケルトン工事」と呼ばれています。

「内装解体」とは異なり、スケルトン工事は建物の構造部分以外のすべてを解体し、撤去する工事になります。

「スケルトン工事」をするタイミングは内装や設備などを全て新しく取り替える予定がある時です。

間仕切り、壁、天井、床を解体・撤去するだけでなく、エアコンや電気配線、配管、排気設備充実など、全ての設備も入居時の状態に戻します。

建物の構造物以外の全てを解体するため、鉄筋コンクリートのビルの場合は、コンクリート打ちっ放しの状態に戻されます。

内装解体とスケルトン工事の違い

「内装解体工事」・「スケルトン工事」の大きな違いは、壁や床を壊して構造体が見える状態までにするのか、という点です。

「スケルトン工事」は床や天井、内部の造作だけでなく壁下地、什器、設備、水道配管や電気配線まで全てを解体して撤去し、何もない状態に戻します。

一方で、「内装解体工事」の場合は、内部の造作を解体しますが、壁の下地や天井下地は残されます。

工事途中に壁や天井を一部分を解体することになると、内装解体からスケルトン工事へと変える必要性も出てきます。

内装解体工事のほうが費用コストは抑えられますが、最終的にどこまで解体するか、よく検討しましょう。

内装解体のメリット・デメリット

ここからは、内装解体のメリット・デメリットを見ていきます。

内装解体のメリット

  • 最短2~3日で工事が完了する
    ※店舗やテナントの広さにもよります
  • 工事費用を安く抑えられる
  • 作業が比較的簡単
  • 悪天候でも工期通りに進む

内装解体のデメリット

  • 廃棄物は全て産業廃棄物として処理される粗大ごみよりも高くなる
  • 配管、配線、共用部分の破損トラブルのリスク
  • 近隣店舗と騒音、振動、粉塵のトラブルのリスク

工事費用を安く抑えるには?

  • 残置物を不用品回収業者に回収する
  • リサイクルショップ、オークションサイトで売る

スケルトン工事のメリット・デメリット

ここからは、スケルトン工事のメリット・デメリットを見ていきます。

スケルトン工事のメリット

  • 内装のデザイン、間取り、レイアウトを自由に設計できる
  • 建物の構造や現状を把握しやすい
  • 損害賠償に発展するトラブル、設備をめぐるトラブルが起こりにくい

スケルトン工事のデメリット

  • 建物の補強や補修費用がかかる
  • 内装や設備を新しく取り揃えるため初期費用が高くなる

個人のマンション所有者が内装解体・スケルトン解体をする際の注意点

内装解体・スケルトン解体をする際には、最終的にどのような状態にしたいのか、明確にしておくことが大切です。

例えば、「エアコンやトイレは状態が良いので残しておこう」となれば撤去費用も節約できます。

悪質な業者による産業廃棄物の不法投棄リスクを避けるため、法律を遵守しているか確認しましょう。

万が一、配管や配線を破損してしまった場合は工期が延びるケースがあるので要注意。

内装工事の実績があり、隣接の店舗に挨拶や配慮をしてくれる信頼できる業者を選ぶことが大切です。

業者への見積もり依頼は、着工予定日の1〜2ヶ月前には行うことをおすすめします。

まとめ

内装解体・スケルトン工事の依頼をする際は、まずは工事範囲を明確にしておくことが大切です。

トラブル発生リスクを避けるため、安心できる業者を選びましょう。

京都の解体工事は私たちにお任せください!

  • お値段のお問い合わせ・現場お見積り依頼はお気軽に!

    0120-561-691 受付時間 月〜土9:00〜18:00 携帯からも可 ネコ好きのスタッフが対応いたします
    • お問い合わせ
    • お見積り
    • LINE@お見積り
© 2020 解体工事 費用に自信!京都市の大東建設 . All rights reserved.
ホームページ制作 by