業者に解体の工事をしてもらうなら、現場の職人さんに差し入れすべきか気になる事もあるでしょう。

差し入れるタイミングや頻度も、気になってしまう事があります。

そこで今回は建物を所有していて解体を考えている方のために、差し入れについてまとめましたので、参考にしてみてください。

家主による差し入れは必須なの?

まず差し入れは必要であるか否かについては、「必須」ではありません。無理に差し入れする必要はないのです。

そもそも差し入れは、ホテルのチップのような意味合いもあります。ホテルのチップは必須ではありませんが、それは差し入れも同じです。

現に解体業者としても、あらかじめ「差し入れは必要ありません」と断ってくることもありません。もちろん、その場合は無理に渡す必要はありません。

差し入れするなら、何を渡すのが良いの?

ただ解体業者の職人をねぎらいたいので、どうしても差し入れを渡したくなる場合もあるでしょう。もちろん差し入れを渡すのは、一向に構いません。では、具体的に何を渡せば良いかと言うと、定番は飲み物です。

例えばスポーツドリンクやお茶などは、職人に喜ばれることも多いです。体を動かす作業で頑張っている訳ですから、かなり汗をかきますし、とても助かります。

おすすめはペットボトルです。職人によっては、休憩時間中に飲めないこともありますが、ペットボトルなら持ち帰る事ができます。

もしくは食べ物です。夏場ならアイスクリームなどを渡されることが多いですが、冬場は肉まんが選ばれる傾向があります。

いつ、どのタイミングで渡すべき?

ただ差し入れを渡すにしても、やはりタイミングがあります。基本的には、職人にとって迷惑にならないタイミングにすべきです。

例えば、作業中で非常に忙しいのに、差し入れを渡すのは控えるべきです。かえって迷惑してしまう可能性があります。

逆に休憩時間や作業終了のタイミングあたりは、特に問題ないでしょう。昼休みあたりに差し入れを渡されることも多いです。

長い工期の場合、どれくらいの頻度で差し入れを渡すべき?

差し入れは、あまり頻繁に渡す必要はありません。人によっては、毎日差し入れを渡すべきなのか迷っている場合もありますが、あまり頻度を多くしない方が良いでしょう。むしろ相手が気をつかってしまう可能性があります。

渡す頻度は、特に決まりはありません。1回だけでも構いませんし、1週間に1回ぐらいの頻度でも構いません。

業者・職人への差し入れ まとめ

解体現場への差し入れに関しては、以下のようなことが言えます。

・差し入れは必須ではない
・飲み物や食品を渡されることが多い
・作業の迷惑にならないタイミングで渡す
・あまり頻繁に渡さなくても問題ない

必ず渡す必要はありませんが、もしも差し入れを渡したい時には、上述のようなタイミングや頻度を考慮すると良いでしょう。

  • お値段のお問い合わせ・現場お見積り依頼はお気軽に!

    0120-561-691 受付時間 月〜土9:00〜18:00 携帯からも可 ネコ好きのスタッフが対応いたします
    • お問い合わせ
    • お見積り
    • LINE@お見積り
© 2019 解体工事 費用に自信!京都市の大東建設 . All rights reserved.
ホームページ制作 by