近所で解体工事が行われると、大事な犬や猫に対する配慮が気になってしまう事もあるでしょう。最初に結論を申し上げると、ペットへ配慮する事に関する業者の法的義務はありません。

近隣での解体工事がおこなわれることとなったら、飼っているペットはどうするのか。以下、ご参考にしてください。

ペットに対して配慮する法的な規定はない

解体工事を行う業者は、工事現場の近所の住民に対しては、騒音・防音など配慮してくれます。例えば、工事で大きな騒音が発生しないよう計画を立てますし、近隣住民には十分説明する義務はあるのです。

しかし、ペットの場合は、話は少々異なります。そもそもペットに対して配慮しなければならないという法律はありません。ですから、犬や猫に対して細かな配慮をしないケースが一般的ではあります。

ですが、業者は騒音に関して配慮する義務はあり、解体工事には、振動規制法という法律が関わってきます。それによると、工事の騒音は75デシベル以下にしなければなりません。

ペットの飼い主からすると、その工事の騒音が気になる事もあるでしょう。解体工事で大きな音が生じれば、ペットが怯えてしまう可能性もあります。飼い主としては、「ペットもいるので騒音はできるだけ控えて欲しい」と思うことでしょう。

ですが、工事をおこなっている以上、最低限の工事の音など仕方のない部分もありますので、常識の範囲内でペットの状況も見ながら判断してください。

ペットの様子によっては、ペットホテルなど自費で預けることも検討しましょう

工事業者によっては、たとえ法律で決まっていなくても、明らかに工事による実害がある時には、処置する実例もあるようです。

例えば、解体工事によって近隣住居の車が汚れた場合は、洗車費用を全額負担してくれるケース、また、工事によって近所の建物の一部が傷つけた場合も、工事業者が補修してくれるケースもあります。

ペットへの実害対策となると、ペットホテルに預ける選択肢も浮上するでしょう。自宅に滞在していると、工事でペットが怯えてしまう可能性もありますし、数日の工事中は大事なペットの様子によって、ホテル代を自費で負担して預けることを検討したほうが良いかもしれません。

工事業者は、近所の「人間」には十分配慮してくれますが、犬や猫などのペットには細かく配慮しない、というかペットの状況など異なりますので配慮しきれないケースが多いです。

工事のがれきなどが外で飼っている犬や猫に飛んで怪我をするなど、損害・被害を受けたといった場合は、加入している保険での補償の可能性もあるので、その際は、相談しましょう

隣家の工事によるペットへの対応 まとめ

いずれにせよ解体工事の業者は、ペットに対して慎重に配慮してくれるケースはあまり多くはありません。業者としても近所の住民に迷惑をかけたくないですし、気になる場合はペットホテルに預けるなど検討し、もし、実害が出た場合は、施主に相談してみましょう。

京都の解体工事は私たちにお任せください!

  • お値段のお問い合わせ・現場お見積り依頼はお気軽に!

    0120-561-691 受付時間 月〜土9:00〜18:00 携帯からも可 ネコ好きのスタッフが対応いたします
    • お問い合わせ
    • お見積り
    • LINE@お見積り
© 2019 解体工事 費用に自信!京都市の大東建設 . All rights reserved.
ホームページ制作 by