建物解体・新築工事(建て替え)の分離発注のメリット

一戸建ての住宅などにお住いの方が、後に古くなってしまった住宅の建物解体を行って、新しく新築工事を発注することがあります。

いわゆる建て替えになりますが、このケースでは、新築工事を依頼したハウスメーカー・工務店などの建築会社によって、一貫したサービスとして古い住宅の解体工事も建て替えと一緒にお任せするサービスを行っている会社がほとんどです。

しかし、解体工事と建築の依頼を分ける、いわゆる分離発注を行うことによって大きなメリットを得ることも可能です。

分離発注とは?その具体的なメリット(解体費用など)

分離発注とは・・・
建物解体を行う業者と新築工事(またはリフォーム)を行う業者を別々に依頼をすることを指しており、一般的にはより少ない資金で建て替えを行なうことができます。

業界では約20%もの費用を減額できる可能性があるとも言われており、建物解体に関しては、やはり解体工事を専門として行っている業者に直接依頼をすることが何より安くできるのがメリットです。

解体費用が安くなる理由

ハウスメーカーに解体工事を一緒に依頼をした場合、ハウスメーカーは住宅を建てることを目的としている業者になるために、解体工事に関しては下請け会社などに発注することが基本として行われています。

さらに解体工事に掛かる費用に関しては、ハウスメーカーでも一定の利益を確保することが一般的になるために、中間マージンが発生しますので、それだけ総額の支払額が増えてしまうことになります。

この点では、建物解体をメインとして行う業者に別途依頼することによって、安価ですませることができるのがメリットです。しかし、多くの方が解体工事に掛かる費用の目安を正確に把握していないケースが見られます。

概算費用の把握と信頼できる業者の選定

分離発注の際のポイント 最適な業者の選定

解体工事の発注は、一般的な買い物と異なって何度も経験することでは無いため、事前に調査を行っておき、見積もりを有利に進めることをおすすめします。

例えばインターネット上には、解体工事の一括見積もりをおこなうことができるサイトが存在しています。このようなサイトの場合では、登録をしている解体工事業者が複数存在しており、住宅の建坪や住所などの簡単な項目を入力することによって、初回には基本となる見積もり額が提示されることになります。

その後は現地調査が行われることになり、実際に必要とされている費用を算出することになりますが、納得できるまで業者としっかりと打ち合わせを行うことが必要で、新築工事を行う業者との連絡もしっかりと行うことが求められています。

このような一括見積もりのサイトは、おおよその概算費用をつかむには良いかもしれませんが、依頼については信頼できる業者を探すのが良いでしょう。

建物解体を分離発注することによって、数十万単位で掛かる経費を削減できる可能性が高くなるため、例えば、安くなったお金でエクステリア周辺の工事などにも費やすこともでき、大きなメリットを感じることができます。

京都の解体工事は私たちにお任せください!

  • お値段のお問い合わせ・現場お見積り依頼はお気軽に!

    0120-561-691 受付時間 月〜土9:00〜18:00 携帯からも可 ネコ好きのスタッフが対応いたします
    • お問い合わせ
    • お見積り
    • LINE@お見積り
© 2019 解体工事 費用に自信!京都市の大東建設 . All rights reserved.
ホームページ制作 by